ブログ連続更新チャレンジ16日目☆
今年になって半月が過ぎましたね。早い早い!
このままだと、気がついたらもうクリスマスになってそうで怖い。笑

沖縄の不動産専門ファイナンシャルプランナー
相続の相談窓口のエレファントライフ です。

ここんとこバタバタだったからか、昨夜は突然の体調不良で「まさかインフル?」と怯えてました。
今朝もなかなか体調が優れず、遅い時間からお仕事スタート。
とりあえず今日のお仕事を終えることができました。
明日は定休日なので、しっかり休みます。

相続対策としての土地活用の提案

お客様のAさんと初めてお会いしたのが、去年の今頃だったかな。
相談内容は主に2つ。
・相続対策として家族が所有する土地を有効活用したい
・家族間でのこれまでの諸々の費用精算をしたい
でした。

さて、対象の土地がどんな状態かというと、畑、接道なし、急勾配の3点セット。
正直今すぐどうにかできるような土地ではありません。
しかし、立地はよく人気のエリアなんです。

どうにかご家族にとっていい形で活用ができないかと思い、相続対策の資産活用コンサルがスタートしました。

道路を作る計画を立ててみる

対象の土地を活用できるようにするためには、この土地を道路とくっつけないといけません。
道路といっても色々あって、土地に住居を建てるためには4メートル以上の幅がある道路に、対象土地が2メートル以上接していなければなりません。
この条件を満たすために、新たに道路を作る計画はどうかということになりました。

一言で「道路を作る」と言っても、簡単ではありません。
道路ができる土地なのか、どんな形にするのか、条例などに抵触しないかなど、しっかりとした計画が必要で、なおかつ県の許可が必要となります。
この許可申請だけで半年。。費用もかなりかかります。。

許可が下りたら今度は道路を作る工事がスタートします。
それにも多額の費用がかかります。。

これらの費用をどうやって賄うか。それが一番の問題です。

1/500縮尺のA3の公図をA4に縮小した時、1/500の三角スケールで距離を測って実測を計算する方法を誰か教えて。

私だって悩んだらプロに相談する!

というわけで計画の概要ができましたが、それをしっかりと収益化(儲けがでる)ように、数字を交えてしっかりとシミュレーションしていかないといけません。
また金融機関からの融資が必須になるので、どんな形で融資を受けられるかも考えなければいけません。

そんな時、頼りになる方々がいるんです♡

模合のメンバーで、これまで数多の土地開発を手がけている、我らが神元隊長。
お忙しい中無理を言って時間を作ってもらい、今回の計画についてたくさんのアドバイスをいただきました。
それだけでなく、仕事への心構えやら、私の性格を知った上での考え方のアドバイスやら。もう本当に頭が下がります。
経験豊富なプロフェッショナルが身近にいるってだけで、とても心強いです。

また融資については、金融機関にお勤めのお友達から手取り足取りしっかりアドバイスをもらえました。
融資が下りないと元も子もない計画なので、計画段階から教えてもらえるのは本当に心強いです。

やっとスタートが切れそう!

というわけで、相談から1年弱が経ち、やっとスタートが切れそうです。
毎日図面や公図や数字やシミュレーションとにらめっこしてます。
いい形で終われるよう、お客様と笑顔で乾杯できるよう、しっかり頑張ります。