さて、3日目。
Facebookにはくだらないことをいくらでもつぶやけるのに、
ブログとなるとなんでこんなに億劫になっちゃうんでしょう。

長文を書かなきゃ!
いいこと書かなきゃ!

って気負い過ぎてるのかな。んー。
とりあえず当分は「継続」を目標にするので、内容がペラいのは勘弁してください。

陽だまりで昼寝するともち(飼い猫)
こんな穏やかな日々も今日で終了

午前中では用事を済ませて、午後からTwitterで色々情報収集してました。
あ、そうそう、Twitterやってます。
もっとくだらないことを呟いてますので、フォローお願いします。

友利真由美のツイッター

基本的に私はTwitterで情報収集することが多いです。
沖縄の問題だったり、仮想通貨の情報だったり、海外のニュースだったり、ニュースサイトなんかよりもかなり早く情報を得られるので、かなり重宝しています。

フォロワーとかはまだまだ少なく、twitterで情報発信なんてまだまだできていませんが、そのうちにしっかりフォロワーを確保して情報発信して行きたいなー。

話は戻ります。

今日色々見てて、あーそうそう、わかる。こういうのって本当に嫌だよね。って思った記事があったのでご紹介。


要約すると、田舎のお世話になったおじさんのデリカシーのないモラハラ発言にブチ切れた!という内容です。

うちの父は沖縄の中でも、言葉も気性も荒いと言われる伊良部島出身。
父はもちろん身内も父の友達も本当に口が悪くて悪くて。
無垢な子供の頃は、その言葉一つ一つに本当に傷つきました。
我慢できずに泣き出すと、更に笑われたり。(最悪)
すごく嫌でした。

少しずつ大人になり、防御方法を身につけたり、無視したりできるようになりました。
また、同じく心無い言葉に嫌気がさしていた母や姉と一緒に
「そんな風に言ったらみんなに嫌われるからね!」と父に都度都度伝えた結果、最近では昔の1/3程度に収まってきたような。

今でも何が面白くないのか、私や他の子に心無い言葉を得意げに投げつける身内(しかも女性)がいます。
もちろん最悪な気分になりますが、それよりも
「なんでこの人はこんなことしか言えないんだろう。かわいそうに」
と思えるようになりました。たまには言い返しますが。笑

お正月を田舎で迎え、家族や身内の言動で悲しくなったりイラついたりしている人、きっといるはず。
残念ながら人を変えることはできないけど、せめてダイレクトに傷つく子供達やターゲットにされてる人を、どうにか守っていけたらいいなと思います。