沖縄の不動産と相続の困ったを解決するエレファントライフの友利です。

今日は朝からずっと競売不動産取扱主任者試験の直前対策講座を受講してきました!
久しぶりに頭フル回転。居眠りする暇なんてなかったです。
(途中意識が軽く飛びましたが。笑)

競売不動産取扱主任者とは
不動産競売のプロとして一般消費者に対し、競売に関するアドバイス及びサポートをするための入札から落札、そして明渡しに至るまでに必要な知識を持っていることを示す資格です。一般社団法人不動産競売流通協会HPより

今日はバスで那覇へ。最近は隙があるとバスに乗るようにしてます。

つまり、競売で不動産を取得するための基礎知識を有する資格です。
競売って別に宅建業者じゃなくても普通に個人でも参加できるので、特段の資格が必要というわけではありません。
また、宅建業者じゃなくても手慣れた方が競売を代行するサービスもあったりします。
なので「今更資格とかいらないよね?」という意見もありますが、試験直前対策講座をがっつり受講した私の感想としては、

競売についてしっかり学べてよかった!

の一言に尽きます。

現在の沖縄県内における不動産取得の状況はバブルと言っても過言ではないくらい熱々です。
投資用不動産はもちろん、一般住宅に関しても「金利1%前後だから返済も楽だよねー」という感じで結構売れてます。

「頭金なしで住宅購入!」
「変動金利が低いうちにアパート建築!」

という条件で不動産を購入している方がすごく多いです。
ということは、返済額に余裕が持てないということ。つまり変動金利が上がった時点で支払いに行き詰まってしまう方が増える可能性が十分にあります。

そうなったら、きっと競売予備軍物件が倍増するかも。
という未来を見据えて、数年後のために今からしっかり学ぼうと思った次第です。

返済に行き詰まるかもしれなお客様の問題を解決するためにも、やはり競売の知識は必要。
お客様を1人でも不動産で悲しい思いをさせたくない。そんな気持ちで日々知識と経験を蓄積しています。

那覇の裏道散策。こんな時代物のアパートとか見つけると興奮します。時間があれば隅々まで観察したかった!

ちなみに現在の競売物件情報を確認したところ、まー少ない少ない!笑
今は不動産価格が上り調子ですからね。競売する前にしっかり売れてるということでしょう。

本試験は12月です。
合格率は40%前後で、そんなに難関ではないけど、簡単でもないというレベル。
落ちたら時間とお金を無駄にしてしまうことになっちゃいので、しっかり勉強して合格を目指します✨