ブログ連続更新チャレンジ33日目!
昨日飲み過ぎました。久しぶりにしっかり二日酔い。。。
お財布の中を見て、昨夜の記憶を辿る。友利です。

お仕事をしているとお昼を外食で賄うことが多いので、必然といろんな飲食店に行く機会があります。
私は食いしん坊なので美味しいご飯が食べられるのはもちろん、店員さんの対応やサービスの仕組みなどをよく観察するようにしています。どんなに美味しくても対応が悪いとこには、やっぱり足が遠のいてしまいますね。

最近久しぶりに行ったとんかつ屋さんのメニュー改良を見て、サービスの質を下げずにしっかり効率化を図っていることに気づき感心しました。
「からっと揚げてるぅ!」でおなじみのとんかつ太郎さんです。

ランチの定食を頼むと、ご飯、汁物、キャベツがお代わり自由だったのが、お代わりが必要な方のみプラス80円で追加されるようになっていました。
これだけだと、お代わり分値上げされたというサービスの低下と思いがちですが、すごいのが定食の価格がこの80円分値下げされてたのです。
お代わりが不要な方にとっては値下げでサービス向上、お代わりが必要な方にとってはサービス変わらず、お店にとっては不要なお代わりを排除できるので効率化されます。
すごいのが、誰にとってもデメリットがない改良だということ。

とんかつも大好きだけど、キャベツの千切りも豚汁もすごく美味しい!

他にも気づいたこと。
・ランチのロースカツの量が選べる(100グラムか120グラムか)ようになってた
→キャベツと汁物をたっぷり食べたくて、カツはそれほどいらない私にとって、少なめの100グラムが丁度いい!
・以前は小鉢で提供されていたゴマが、各自自由に使えるように卓上に備えられてる
→ゴマを使わない人もいるので、無駄に提供ロスが減るし、使う人にとってはたっぷり使える
・お得なランチドリンクの声かけ
→以前と価格は変わらないけど、声かけすることでお客も頼もうと思えるし、お店も単価アップ

今回のサービス刷新は、サービスの質は落とさず、お店のロスも減らせるすごい内容だと思いました。
結果だけ見たら簡単に思いつきそうですが、実際この結論になるまでいろんな試行錯誤があったと思います。
いろいろ厳しいと言われる飲食業界で生き残るために、いろんな知恵を絞られてるのだなーと勉強になりました。