こんにちは。
沖縄不動産専門ファイナンシャルプランナーの友利です。
久しぶりのブログ投稿になりました。サボってばかり。反省です。

先日、琉球新報社主催、大和ハウス工業株式会社共催のセミナーに参加してきました。
第一部は、不動産エコノミストでディー・サイン不動産研究所所長の吉崎誠二氏による
「データで解説 沖縄の不動産市況と成功する賃貸住宅経営の極意」

ディー・サイン不動産研究所

吉崎氏の著書、私も持ってます。

ずっと気になっていた方なので楽しみにしていました。

セミナーの内容は、まず地価公示の推移を全国と沖縄と主要都市で比較したグラフを出し、多くの地方都市ではバブル前の地価よりも今の方が低い。つまり今後も地価が下がり、土地資産の目減りが続くということをお話されていました。
このことからキャピタルゲイン(売買益)よりも今後はインカムゲイン(賃料収益)狙いの不動産投資が有効ということ。
また将来の人口予測世帯予測から、2040年時に沖縄が全国で唯一どちらも増加傾向にあること、人口の都市集約化、晩婚化や離婚率からみる単身世帯の増加傾向にあるということ。
不動産投資の特徴やそのパターン(賃貸住宅、商業用店舗、物流施設、工場等)、賃貸住宅経営のこれからなどについてお話されてました。

2014-07-12 04.30.31

内容はもちろん、私が勉強になったのはその構成、まとめ方です。
データを提示しそれを分析、そして結論へと導きだす構成は非常に興味深くまた説得力がありました。
これは私も真似したいと思った部分です。

第二部はパネルディスカッション、第三部は金城税理士による相続に関するお話でした。
相続について経験豊富な金城税理士。実際に県内の相続案件事例や税務署のお話は本当に興味深かったです。

今回共催の大和ハウス工業株式会社の賃貸住宅の紹介もありました。
女性の視点を最重視した賃貸住宅、例えばセキュリティや収納、洗面台の充実などどれをとっても賃貸とは思えないクオリティです。
今後競争が激化する賃貸住宅経営の中でこれは大きな差別化になるなーと勉強になりました。
機会があれば大和ハウスさんの賃貸住宅に見学に行きたいなーと思っています。

というわけで久しぶりのブログ更新でした。