カウンセリングを受けたお客様の声が届きましたのでご紹介いたします。

不安が解消されました

日曜日にカウンセリングでお世話になりました、Aです。
幅広いアドバイス、ありがとうございました。
おかげさまで、色々と不安に思う事を解消できたように思います。
また、いただいたアドバイスを元に動き始めたところでもあります。

わからない事ができましたら、またお世話になると思いますので、
その際はどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

A様はご自宅のある土地に住宅兼賃貸アパートを計画されています。
現在とある設計事務所に設計をお願いしていますが、受けとった事業計画書に不安を感じていました。
内容を拝見いたしましたところ、家賃設定や事業計画の見通しについて不明確な点が散見されました。
利回り重視ではなく安定した収益を望むA様にとってベターな賃貸経営の方法と、金利の選び方、並びに事業計画の見直しなどをアドバイスさせていただきました。
a0001_016147
住宅兼賃貸アパートを計画されている方が最近増えています。
ご自身のライフプランをなぞりながら事業計画を立てることが重要なのですが、少々難しいために、建設会社さんが作成した事業計画書のまま進めていってしまう方が多く感じられます。
収益重視の事業計画と安定経営重視の事業計画では内容はもちろん、賃貸住宅の間取りや設備、家賃設定などなにもかもが違ってきます。
なんのために賃貸住宅を造るのか、どんなことを期待しているのか、などを明確にした上での事業計画書作成をお勧めいたします。