暑いです。アイスコーヒーがぶ飲みで胃が痛いです。

さて、先日7月のフラット35の金利が発表となりました。
県内のフラット取り扱い金融機関での金利はこちら。

※借入額2000万円、35年借入の場合

■琉球銀行/沖縄銀行/沖縄海邦銀行
Aタイプ 金利:2.200%  融資手数料:42万円(融資額×2.1%)  毎月返済額:68.323円  総返済額:29,115,835円 
Bタイプ 金利:2.400%  融資手数料:52,500円         毎月返済額:70,431円  総返済額:29,633,548円

■みずほ銀行
金利:2.050%  融資手数料:42万円(融資額×2.1%) 毎月返済額:66,766円  総返済額:28,461,994円
金利:2.270%  融資手数料:52,500円        毎月返済額:69,057円  総返済額:29,035,349円

現在、県内の地銀では3年固定で金利1.85%の住宅ローンがありますので、フラットの金利は決して低いものではありません。
しかし一定期間固定金利の場合は固定機関の終了時に金利が変動し、景気の状況によっては金利が高くなり、支払負担が大きくなる可能性が非常に高くなります。
現在の金利はどん底状態。つまり今後これ以上金利が下がるというよりも、金利が上がる可能性の方が充分に高いと言えるでしょう。

フラットの場合はご存知の通り、35年間金利が一定となることから、計画的な返済が可能となっています。
「金利のことなんか気にしてらんないわ!」なんていう面倒くさがりな方にピッタリな住宅ローンなんです。

ここ半年、うちにいらっしゃる住宅ローンの相談にはほとんどの方にフラットをお勧めしていますよ。
長い目で見てもやっぱりフラットがお得!だと思っています。

他の住宅ローンに比べてフラットの場合には建築にある一定の基準が設けられており、それをクリアしないと利用することができません。
これから住宅を建築予定の方はぜひ建築会社さんに「フラットは利用できますか?」と確認してみてくださいね。

ちなみに、最近ネットの広告見てぶったまげたのがこれ。

住信SBI 2年固定金利 0.58%

もうこれ、金利じゃないです(笑) すんごいなー。
もちろん沖縄からでも住信SBIの住宅ローンは利用することができますよ。
うちのお客様も十数組のお客様が住信SBIさんを利用しています。
色々ハードルはありますが、それでもやっぱり金利が低い方が嬉しいですもんね。

 

■私にはどんな住宅ローンがいいのかしら?
■金利の固定期間が終わるんだけど、次はどうしたらいいのかしら?
■そもそもいくらくらいの返済なら無理なくやっていけるのかしら?

そんなご相談に不動産FPがお応えしますよ!
詳しくはコチラをご覧下さいね。

家計の見直し・住宅取得・住宅ローンの見直しカウンセリング

へへ。最後は宣伝でした。
ぜひご活用くださいませー♪